算命学の段位取得について

算命学高尾宗家直系免許(認可状/お免状)

明学院は、高尾義政ご宗家直門の流れの学校になります。
そして、当学院が発行されるお免状は、高尾義政ご宗家直系の証となります。

皆様が当校で算命学の修行(お勉強)をされ、ある段階の知識と技術を身につけられ、また相応しい教養と先導力を身に付けられた人に授けられる称号になりますので、自信をもってお勉強をされて行ってください。

当学院では、「臨位」(初段)から、一般のお客様に対して鑑定を行うことが可能となりますが、算命学を奥深く勉強をされ、お客様に何度か通っていただく、もしくは、ご紹介を受けられるようになるためには、「歳位」(二段)までの習得が望ましいと考えています。

何となく学んでみたいと考えている方が、生徒さんの半数を占めていますが、その方々でも、いずれは、他人を鑑定してみたいと思うようになります。ですから、最低でも「臨位」(初段)までの知識習得をされた方が、将来を見据えたうえでは宜しいと思います。

「臨位」(初段)習得で、他所では十二分に誇れるほどの知識を有することになります。

「臨位」(初段)

臨位とは算命学宗家の認可状(お免状)の中では最初の段位になります。
人を鑑定するための最低限の知識を習得され、算命学の占技を自由に扱いこなすことの出来る教養を身に付けています。

「歳位」(二段)

歳位は人を鑑定するにあたり、その人の内面に深く入って行き、あらゆる悩み事に対して、的確に道を説いていく器量が備わっています。

実は算命学の故郷は道教にありますが、道教には思想部分と医術部門(漢方医学の元)、そして神仙部門(神話、神様の祭り方、葬式の仕方等)があります。

算命学を長年にかけて学ばれたということは、道教の学を修めたという事になります。算命学の世界では、「歳位」となるのです。
そして、道教の世界では、これを「道士」といいます。

道士は、男子に与えられる称号で、女性で道教の思想部分に精通した方を「女冠」と呼ばれるようになりました。

※「歳位の説明2(宗家講義196 直門3期生)約6分30秒」の宗家の肉声をお聞きください。
※音声が宜しくありませんので、聞き取りにくくなっています。ご了承ください。

歳位の説明2(宗家講義196 直門3期生)約6分30秒
「周位」(三段)

周位は歳位の占いに更に、人の人格に入って行きます。臨位・歳位の器量が基礎となりますが、更に一歩進んで、その人を救いの面でのアドバイスを行い、人生をより良い方向に進んでいける道を説いて行ける器量が備わっています。

このお免状を授与されることで、算命学の分校を開設することができます。

※ご宗家の時代の「周位」授与のご様子が録音されています。
「卒業-周位3段授与 (宗家講義 直門3期生)約6分」をお聞きください。

※音声が宜しくありませんので、聞き取りにくくなっています。ご了承ください。

卒業-周位3段授与 (宗家講義 直門3期生)約6分
「咸位」(四段)
「東位」(五段)

算命学の命式判断は、自然界が基準となっています。その自然界と人間とを確実に結び付けて、正確にお伝えできる器量が備わっています。さらに、人間としての教養や道徳をどれだけ身に付けているのかを、把握する術を身に付けています。
そのためには、算命学の技術を身に付け、教えるだけでなく、多くの人との鑑定を熟し、長年にわたり、鑑定と算命学の研究をされている方に送られます。

「孔位」(六段)

人間としての教養や道徳をどれだけ身に付けているのかを、把握する術を身に付けています。と同時に無形哲学の部分にまで触れていくことになります。
相手の立場、役目、環境等を考えてみると、決して同じ答えを出していきませんので、算命学の占技技術のみならず、自然界に関わる多くの理を理解しておくことが重要となります。
そのためには、算命学の技術を身に付け、教えるだけでなく、他者を育て上げ、そして多くの人との鑑定を熟し、より一層の修練を行った人に送られます。

「曲位」(七段)
「黄位」(八段)

「孔位」から、さらに長年にわたり修練を積み重ねてきた者に授与されます。
こちらの段位になりますと、その人の人間のレベルを論じられるようになります。
すなわち、人物そのものを語れることになるのです。
人間性が最高レベルになった人に対する鑑定は、算命学の技術使用が限られてきます。
そのためには、さらにより一層の修練を行った人に送られるのです。

「紫微位」(九段)

高尾義政ご宗家が名乗られていた段位になります。
算命学の全ての技術習得のみならず、自然界の理そのものに精通され、人間的レベルにおかれましても、大徳を備われた人物が名乗られることになります。
算命学四千年の歴史の中で、わずか13名の方しか与えられておりませんが、高尾ご宗家と並行されるもしくは、それ以上の方は、今後数百年は現れることがないと感じられます。