明学院Blog 人生の正しい道(たお)を見つけて・・・

算命学明学院を少しでも理解していただく為に開設をいたしました。

高尾義政御宗家の筆跡鑑定

  • 公開日:2018年04月30日
  • カテゴリー:未分類
  • タグ:
みなさんこんにちは!
今回は少し真面目なお話をしたいと思いますよ。

 

 

この度、外部の方からのある種のやり取りから必要に迫られたため、面識のない第三者の方に、
高尾義政先生直筆とされる
『清水南穂先生宛の算命学認可状(学校開設免状)』の筆跡鑑定を
お願いさせていただきました。
清水先生に発行された認可状と5つの対照資料を基にして、
本格的な鑑定していただいた結果、
「清水南穂先生宛の算命学認可状(学校開設免状)は、高尾義政先生が自ら書かれたものである。」
と判定されました。
(※本格的な筆跡鑑定書を発行していただきました)
取り急ぎ、皆様にご報告させていただきます
実は高尾先生のお名前で発行していただいた他の研究生達の認可状は、
清水南穂先生に発行された認可状とは、あきらかに筆跡が異なっていました。
故厚子夫人が、筆をとられた物だそうです。
清水先生は、宗家御存命中にいただいたことですので、他の方に先駆けての受賞だったそうです。
余談になりますが、清水先生は高尾先生のもとに、16年間一度も休むことなく通われたのだそうです。
そして、お免状をいただく際には、高尾先生から
「清水君、あなたの学ばれる姿勢!これが算命学だよね」
という暖かいお言葉をいただいたそうです^^
そういったことに対する御褒美だったのかもしれませんね。

コメントを残す